リフォームをするにあたって不動産会社への問い合わせは有効か

私は現在築30年を超える一般注文住宅に住んでおります。
住宅ローンも無事返済し終えたいま、リフォーム関係にとても興味がありますね。
ただ、田舎の地方につき、幾多もの不動産会社やリフォーム関連を取り扱う会社が少ない地域です。
そのため、情報収集をする場合はリフォーム会社だけに限定すると視野が狭くなることから何らかの
失敗をしてしまうのではないかと危惧しています。

 

不動産会社のイメージですが、土地の売買やマンション・アパートの売買、住宅の販売といった
販売がメインな印象がありました。しかし、私が会社員営業をしているせいか、様々な情報が入り、不動産会社もリフォームに詳しいと聞くのです。

 

現に、壁紙や床紙、カーテンなどの分厚い見本帳なども持っている不動産会社のお客様もいらっしゃいました。不動産会社が元請けとしてリフォーム会社や工務店、個人の大工といった多くのネットワークを持っていることがわかったのです。

 

となると、私は現在資金を貯めている最中なのですが、まずは大手不動産会社へアクセスをとってみようかなと考えています。そして、私の考えるリフォーム内容をしっかりと伝達し、有効な回答を得たいと思っていますね。

 

不思議なのは不動産会社はイメージがあまり良くないだとか、職場や周辺で聞くこともあります。
ですが何がイメージが悪いのかを問いただすと、抽象的にしか回答がありません。柄が悪そうだのぼったくるイメージがあるだの、なになにのような気がする、といった、どれも真実をついていないものなんですね。

 

私が見る不動産会社の印象、考えとしては、選定さえ間違わなければ非常に有益な情報を元に提案してくれるイメージがあります。勿論ですが、名の通っていない会社などは要注意しなければならないのでリサーチは十分に行う必要があると存じますけどね。

 

さて、私の目標金額及び目標は、300万円を貯めてバスルームの湯船をジャグジーへ改良することと、部屋の間取りを増幅させるリフォームを実現させることです。
気合いを入れてサラリーマンの本業に勤しみ、リフォーム資金の貯蓄に励まねばなりません。